子育て主婦が約1年(2019年7月)で英検1級合格を目指す

育児中心。ストレスをためないようマイペースに勉強して英検1級合格を目指します!


お越しいただきありがとうございます!
このブログでは、マイペースに英語を勉強している様子を記録しています。
英検準1級を取得済みで、英検1級合格を目指しているのですが、時に簡単な単語や表現さえ出てこず
基本的なことを間違ったり、復習し直すことも多々あるかと思います。
どうぞゆっくりと、あたたかいお気持ちで見守ってくださると幸いです(*^^*)

osaka earthquake

1週間ぶりの更新になりました。
 
理由は、月曜日に起こった地震です。
私たちの家は大阪北摂にあるのですが、その日は用事があり前日から少し離れた場所にいました。そのため、私たちは震源地近くの激しい揺れから逃れることが出来たのですが、それでも大きな揺れを感じましたし、次々と報告される災害状況のニュースに恐怖が募りました。
 
友人宅では食器棚の食器が床に散らばって割れ、また別の友人宅ではテレビが落ちて液晶画面が割れ、またあるところでは水道・ガスが止まっているとの知らせがありました。私たちは、震源地から離れていて、落ち着いていたその場所で食料品を多めに購入し、恐る恐る自宅に帰ってきました。
 
結果、電動自転車が倒れていて、シャンプーボトルなどの軽い小物や本棚のスカスカだった棚の雑誌が数冊落ちて、食器棚の引き出しが少し開いてる程度の被害で済みました。うちにあまり荷物がなく、あったとしてもほとんどがクローゼットの中にしまわれていて、部屋には置いていなかったのが良かったのかもしれません。
 
関西以外のエリアではもうあまりニュースになっていないかもしれませんが、今もガスがとまってお風呂に入れず、「やっとこの週末に親戚宅でのんびりと入浴させてもらえる」という方や、断水で不便を感じている家や施設、大雨も重なり今も避難生活をされている方もいます。
 
商業施設も被害があったようで(噂ではショーウインドウの窓が割れたり、ペットショップの水槽の水が出て水浸しになった等)営業再開に1か月近くかかるところもあるようです。
 
私も、今週末にあるお店で予約していたものがあったのですが、そのためにそのサービスを受けることが出来ずに日程をずらすことになりました。私のその用事はいつでもいいものだったのでそこまで困りませんが、そのお店の近辺に住まれている方はそこで食料品の買い物が出来ずに、遠くのお店まで足を運んだりしているようです。
 
そして、おさまってきたとはいえ、まだ震度1~2の地震が1日に数回あり、気を張っているかその揺れにも敏感になり、夜中や明け方でもすぐに飛び起きてしまいます。
 
関西、特に大阪北摂はそんな状況です。もう本当にこのまま揺れがおさまって、1日でも早くいつもの生活を送れるようになることを心から願っています。
また、これを機に、再度、避難グッズの中身を確認し直してみてください。うちは恥ずかしながら、水の賞味期限が1カ月きれていました。今、近辺のスーパーでは水が売り切れと聞いているので購入できるかはわかりませんが、近いうちに購入しようと思います。
 
最近、各地で大なり小なり地震が起きているので、皆様も十分におきをつけください。
 
 
 
*****************************************************
 
 
 
ほんのちょびっとだけ、英語話。
 
私はいつも、別室で子どもに昼寝をさせている間に勉強をしていますが、今週は余震を気にして、同じ部屋で過ごすようにしています。勿論、寝かせるために電気も消してるので机に座っての勉強はできません。
 
そこで役立つのがスマホ
英語アプリで文法や単語の確認をしたり、webで英字記事を読んでいます。
 
今、https://us.yahoo.com/ の検索バーに「osaka」と入力すると、「osaka earthquake」と出てきます。記事数も多く、海外でも関心を持たれてるんだなと思いました。
 
でも折角なら、「osaka」と入力したら
 
osaka omoroi
osaka obachan
 
とかがすぐに出てきたほうが嬉しいなぁ。
 
今週末は雨が降るみたいですし、家にいる時間が増えそうなので、時間を見つけて、ラジオ英会話の内容をノートにまとめたいと思います(そうしないと、ストリーミング再生の内容が次の週の分になってしまう!)
 
では、良い週末を。
 
 
 
 
 
 

英語で旅行の下調べ

私事ですが、近々、義家族と我が家で旅行をすることになっています。
行先は淡路島。
家族みんなの予定を合わせるために、正月頃から企画されている我が家の一大イベント。そのため、旅行の日程が近づいてきたら、私も子どもも「風邪引かかんようにしなくちゃ」とハラハラすること間違いなし(ていうか、既にもうドキドキしてる)。

 

http://kids.wanpug.com/illust3398thumb.gif

 

さて、そんな私の旅の下準備スタイルは、宿の検索&予約はweb、観光地は旅行雑誌から情報をゲットします。そしていつものように宿や観光先を検索しようかと思ったら、夫と義家族のLINEグループであっという間に決定してしまいました(もちろん夫は義家族に連絡する前に私に確認してくれていたので不満は一切ありません。そこまでしっかりしたプランを立ててくれて、ありがたや~といった感じです)。
 
そんなわけで、行先などは既に決まっていて、だけど私が調べたわけではなく、予備知識が全くない状態で行くのはさすがに嫌なので、夫が作ってくれた旅行プラン表に書かれている行き先全てをwebや雑誌で確認。どれも楽しそうでワクワクです♪
 
…そう、数年前の私だったら「これで下準備もバッチリ!」といった感じだったのでしょうが、今の私は違います。
 
もう1つ、やらなきゃいけないこと。
 
それは
 
英語で観光地情報を仕入れるということ。
 
今回の行先は淡路島なので、「awaji islamd」と検索しました。
(日本語ver.のyahooでは日本語の情報の方が優先されて出てくるので、私はいつも“yahoo us”にアクセスしてから、そこの検索バーに観光地名を入力して調べています)
 
今回、面白いなぁと思った記事がこちら。
淡路島のお勧めスポット10か所が紹介されています。
 
記事の英文はとーっても長いけど、予め雑誌などを読んで大体の下調べができているので、結構スラスラ読めます。さらに、「あっ、英語ではこのように表現するのね」なんて発見もあったりで楽しいし、英語の勉強にもなります。
 
さらに、こうした英語での観光情報は外国の方向けなので、私たち日本人向けのものとは違ったお勧めスポットが紹介されていたりするので、そんな場所を知るのも楽しみの一つです。
 
そこで今回、私が発見したのがこちら。
淡路夢舞台。
 
建築家・安藤忠雄氏が設計した複合型リゾート。
 
百段苑という、名前のごとく階段状に並んだ100個の花壇があったり、展望台やガーデンがあったり、そしてなによりも安藤氏の建築を一度にたくさん堪能できるのが素敵!
 
こんなところがあったなんて。
私が読んだ情報誌にも書かれてたのかな。だとしたら、完全に見落としてた。
そして、今回の旅プランにココが入っていない。。
 
えーーーっ!行きたいよーっ!!
今さら「こんな場所もあるみたいよ~」なんていっても遅いかな(いや、間に合うかな。言うだけならタダだから言ってみようかな←関西人の考え)。もっと早く英語サイトでも確認しておけばよかった。
 
…まぁ、気を取り直して。
 
何が言いたかったかというと、英語サイトで観光先などを検索してみるのはなかなか面白いのでお勧めですよ~ということです。
 
そんなこと言われても、近々旅行の予定がない方もいると思います。その場合は、自分の住んでいる街や今まで行った観光地などを英語で検索してみると英文もスラスラ読めると思いますし、新たな発見があるかもしれません。
 
最後に、私が英語の多読代わりにたまにチラ見しているサイトをご紹介します。
 
これもなかなか興味深いので、良かったら是非。
 
ではでは、Have a great weekend!!
 
 
 

『英単語イメージハンドブック』を読んでみた

先月、英語勉強者の中でかなり話題になっていた、現ラジオ英会話講師である大西泰斗著『総合英語 FACTBOOK これからの英語』。
 
私も購入して感想ブログなんかも書いたのですが(こちら)、購入に至るまでは結構悩みました。だって、文法書は既に2冊持っていたし。英語本なんていくつも持ってるし(それなら積読しないで、それらを最大限利用しなさいよ!)それに、今までNHKの英語講座で大西先生を観てはいたけど、先生の書いた本を読んだことがなかったから「どんな感じなんだろう」かと。
 
本屋さんに行けば、今まで先生が書いた本が置いてあるからそれらを見ればどんな感じなのか分かるけど、私の家の近所には本屋さんがない。さらに、図書館も遠い(決して田舎ではないのに、この不便さ)。わざわざ電車やバスに乗って子連れで図書館まで行くのも面倒なので、基本、我が家では1か月に1回廻ってくる移動図書館を利用しています(先日、雑誌ananaを借りたら表紙がすごく大胆なので気まずかった、笑)。
 
大西先生が書いた本の内容や雰囲気を知りたくていくつかの本を予約して、今回手元に廻ってきたのが『英単語イメージハンドブック』です。

 f:id:konominglish:20180613143440j:plain

私はよく、Amazonで本の感想などをチェックするのですが、皆さんのレビューもなかなか良さそうだったので楽しみにしていました。
 
そして中身を読んでみると、『一億人の英文法』や『FACTBOOK』にもあるように、英単語をイメージとして記憶できるようにイラストが多く書かれています。
 
例えば、look という単語。
前置詞として、at / over / into / for などがありますが、この前置詞4つそれぞれのイメージ図が描かれているので、その図さえ覚えたら、「look に at がつくと“~を見る”という意味で、 over がつくと…」なんて面倒な暗記をせずに済むので、英語初心者の方や復習されている方にはもってこいです。
 
また、現在形・進行形・過去形・完了形などの使用される場面のイメージ図も書かれているので、ちょっと気になったときに見返すのにオススメです。だけど、しっかりとマスターしたい方はこれと併せて参考書を読む方がいいです。
 
そんな中、私が一番良いと思ったのは、強調表現の解説。
absolutely / quite / pretty / fairly / berely などなど、12の強調語句の段階と、改まった場面で使われるもの、カジュアルな場面で使われるものなどが1つの図に書かれていますこうした強調表現や使用するシチュエーションなどは混乱しがちですが、これを見れば一発でわかるので英会話や英作文をするときに非常に役立ちます。
 
…と、この本の良いところを書いてきたのですが、『英単語イメージハンドブック』の中には評判の中には、『FACTBOOK』と同じ時期に発売された、勿論こちらも大西先生著の『WORD SENSE』と内容が似ているというものもありました。
 
私は『WORD SENSE』を本屋さんでパラパラ見ただけなのですが、確かに同じような内容の部分もありました。でもそれは同じ著者の本であれば少々仕方ないのかなと。ただ、『WORD SENSE』は大きくて重いのですが、こちらの『英単語イメージハンドブック』の方が少しコンパクトで持ち運びに便利。通学・通勤時やカフェでの勉強などがメーンの方にはいいのかもしれません。
 
英語の本なんて世の中にたくさんありますし、最近ではこうしたイラストを使った英単語本なども続々と店頭に並びだしています。また、重複する内容はあるかもしれませんが、私個人としては、本をペラペラとめくって1つでも得られるものがあれば、それでOKなんじゃないかなと思っています。
 
だからといって気になった本を片っ端から購入してたら、お金も部屋のスペースもなくなってしまいます。折角購入して「えーっ」と後悔するのも悔しい。だからそんなことにならないように、ゆっくり過ごせる本屋さんや図書館を上手く利用して多くの本に触れ、本当に気に入った本を自宅の本棚にコレクション(それを利用して勉強する)していくのが一番!
 
あっ、そうそう。
大西先生と言えば、以前から発売していた『ハートで感じる英文法』の完全版が今年8月に発売されるんですって(←ママ友との会話風)。
大西先生のファンはまた本屋さんに駆け込むことになりそうですね。
 
では、また。